• TOP
  • メディア掲載

メディア掲載

アーカイブ

大久保敏弘の論文 "Non-routine tasks and ICT tools in telework"が、国際的な査読付きジャーナルLABOUR に掲載されました。慶應義塾大学とNIRA総研による「テレワークに関する就業者実態調査」の結果を用いた成果です。

大久保敏弘の論文 "Are software automation and teleworker substitutes? Preliminary evidence from Japan" (Richard Baldwinとの共著) が、国際的な査読付きジャーナルThe World Economy に掲載されました。慶應義塾大学とNIRA総研による「テレワークに関する就業者実態調査」の結果を用いた成果です。

翁百合の論文「Japan's new vision for economic growth」が、East Asia Forum(2023年8月26日付)に掲載されました。この論考では、2023年の「新しい資本主義」改訂計画を評価し、労働市場改革と持続可能な経済成長の実現に必要な取り組みを指摘しています。

翁百合の論考「日本の少子化抑止策は子育て低所得世帯への手当が薄い」(『週刊エコノミスト』8月15日・22日合併号)が、日本経済新聞「経済論壇から」(2023年8月26日付)で取り上げられました。オピニオンペーパーNo.65「子育て世帯の負担と給付の公正性は確保されているか―被雇用者世帯の所得と負担率の国際比較分析」の内容が紹介されています。

翁百合の論考「日本の少子化抑止策は子育て低所得世帯への手当が薄い」が、『週刊エコノミスト』に掲載されました。オピニオンペーパーNo.65「子育て世帯の負担と給付の公正性は確保されているか―被雇用者世帯の所得と負担率の国際比較分析―」の内容が紹介されています。

大久保敏弘「地方経済をどうするか(中)2050年の姿 想定し政策選択」が、日本経済新聞「経済教室」欄にて掲載されました。慶應義塾大学とNIRA総研による「テレワークに関する就業者実態調査」の結果を用いた成果です。

NIRAフォーラム2023「なぜ、人々の声は政府に届かないのか―人々と政府の意識をつなぐ政策共創―」での議論の内容が、『日本経済新聞(核心)』欄にて紹介されました。

翁百合「高齢者の医療費負担増を人びとはどう受け止めているか―熟慮・熟議型調査から考える(2)」オピニオンペーパーNo.61が、『2040年の日本』で引用されました。紹介記事がダイヤモンドオンラインに掲載されています。

NIRA総研と日本経済新聞社が分析した、テレワークと女性の労働時間に関する記事が、『日本経済新聞』に掲載されました。大久保敏弘、NIRA総研による「テレワークに関する就業者実態調査」のデータを用いた分析結果です。

谷口将紀(理事長)と大森翔子(研究コーディネーター・研究員)がメンバーとして実施している、東大・谷口将紀研究室と朝日新聞社の共同調査データを用いた論考が、『世界』2022年10月号に掲載されました。

大久保敏弘による、Go to キャンペーン政策に反応する個人の特性を分析した論文が、国際学術誌Japan and the World Economyに掲載されました。大久保敏弘、NIRA総研による「テレワークに関する就業者実態調査」を用いた分析結果です。

翁百合「日本のコロナ対応策の特徴と課題―国際比較の視点から見えてくるもの―」オピニオンペーパーNo.57が、中国の学術誌『日本研究』に転載されました。

谷口将紀が日本経済新聞「経済教室」に寄稿した「参院選後の岸田政権の課題(上)財政・国土の持続性 再構築を」(英訳)が、Discuss Japanに転載されました。

大久保敏弘の共著論文 "The fiscal costs of earthquakes in Japan"が 国際学術誌International Tax and Public Financeに掲載されました。NIRA研究報告書「人口減少社会に挑む市町村長の実像と求められるリーダーシップ」のアンケート調査結果が引用されています。

谷口将紀「参院選後の岸田政権の課題(上)財政・国土の持続性 再構築を」が、日本経済新聞「経済教室」欄にて掲載されました。NIRA研究報告書「経済・社会文化・グローバリゼーション」の図を引用しています。

大久保敏弘、NIRA総研「第7回テレワークに関する就業者実態調査(速報)-「ウクライナ危機をめぐる安全保障に関する意識調査」を含む-」が、大学ジャーナルオンラインで引用されました。

谷口将紀と鯨井俊宏氏の対談「熟慮、熟議を経て政策参画へ サイバー・デモクラシーを支えるAI技術」が、日立製作所「Insights from AI/Analytics」に掲載されました。市民の政策参画を考える上での現状、めざすべき姿、課題、AI活用の可能性について意見交換しています。

谷口将紀(理事長)と大森翔子(研究コーディネーター・研究員)による、NIRA研究報告書「インターネット調査におけるバイアス 国勢調査・面接調査を利用した比較検討」が『週刊東洋経済』で紹介されました。

宇野重規、重田園江、渡辺 靖「2000人調査から見えた 日本人の『自由』と『平等』観」が、『中央公論』2022年4月号にて掲載されました。NIRA総研によるアンケート調査の結果をもとに鼎談をしています。

大久保敏弘「在宅勤務定着への課題㊦:国・企業を越えた人材競争に」が、日本経済新聞「経済教室」欄にて掲載されました。慶應義塾大学とNIRA総研による「テレワークに関する就業者実態調査」の結果を用いた成果です。

中西寛氏の論考"The Western Nations must increase the Appeal of Liberal Democracy"NIRA MY VISIONが、EXAMINING HEISEI JAPAN:DIPLOMACY AND SECURITYに転載されました。