• TOP
  • NIRA総研について/情報公開(研究不正防止)

情報公開(研究不正防止)

研究不正防止の責任体制


最高管理責任者:代表理事
財団全体を統括し、公的研究費の運営・管理及び研究活動における不正行為防止について最終責任を負う。
統括管理責任者:事務局長
最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理及び研究活動における不正行為防止について財団全体を統括する実質的な責任と権限を持つ。
コンプライアンス推進責任者:事務局長
財団における公的研究費の運営・管理及び研究活動における不正行為防止について実質的な責任と権限を持つ。
研究倫理教育責任者:事務局長

研究不正防止への取り組み


公的研究費の不正使用防止
「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定)に基づき、公的研究費の適正な運営・管理に必要な事項を定め、不正使用防止に取り組んでいます。








研究活動における不正行為防止
「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)に基づき、研究活動における不正行為防止に必要な事項を定め、公正な研究活動の推進に取り組んでいます。




研究倫理
学術研究の信頼性と公正性を確保するため、研究を遂行する上で求められる研究者の行動・態度の倫理的指針を定めています。


通報・相談窓口


通報(告発)受付窓口
公的研究費の不正使用及び研究活動に係る不正行為の告発・相談を受付ける通報窓口を設置しています。
告発・相談は顕名とし、以下窓口に書面・電話・メール・面談にてお願いします。
【通報窓口】
公益財団法人NIRA総合研究開発機構 総括管理部長
〒150-6034 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー34階
電話:03-5448-1700(平日9:00~17:00)
メールアドレス:kanri☆nira.or.jp(☆を@に変えて送信してください。)
・告発者・相談者は告発・相談したことを理由として、不利益な取扱いを受けることはありません。
・告発・相談による情報に関し、より詳細な説明や調査協力を依頼することがあります。
・告発にあたっては、不正とする科学的な合理性のある理由を示してください。
・調査の結果、告発が悪意に基づくものであったと判明した場合は、告発者の氏名の公表、懲戒処分、刑事告発その他必要な措置を講じることがあります。


相談窓口

公的研究費に関する相談の受付窓口を設置しています。
お問い合わせ・相談等は、以下窓口に電話・メール等でお願いします。
【通報窓口】
公益財団法人NIRA総合研究開発機構 総括管理部長
〒150-6034 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー34階
電話:03-5448-1700(平日9:00~17:00)
メールアドレス:kanri☆nira.or.jp(☆を@に変えて送信してください。)