• TOP
  • 研究の成果

PAPERS研究の成果

ミスマッチを解消し高齢者が能力を発揮できる環境づくりを

「改正高年齢者雇用安定法」により、70歳まで就業を確保することが努力義務として追加された。高齢者が能力を発揮できる環境整備がより重要となるが、高齢者に適性があると評価される職業分野に、高齢者がうまく配置されていないミスマッチが指摘されている。ミスマッチ解消には、雇用者が自社仕事の職務特性と、高齢者の能力や特性を適切に見極めることと、職業の見える化が鍵となる。ミスマッチの解消は、高齢者を含め多様な人々が活躍できる環境づくりにつながるだろう。

詳細を見る

認知症の新薬、高齢社会の医療費を議論する好機に

アルツハイマー病の新薬「アデュカヌマブ」が、日本で年内にも承認されるか注目されている。発売されれば、初めてのアルツハイマー病「治療薬」となるが、薬価は高額と予想され、医療財政を圧迫する可能性もある。多数の患者が苦しむ病の新薬に、限られた医療費をどのように効率的・効果的に使うべきか、高齢社会の医療費のあり方について国民的な議論が急がれる。

詳細を見る

オープンガバナンスを見据えたデジタル社会の実現

デジタル社会形成の司令塔として、デジタル庁が発足した。行政のデジタル化は、日本が長年取り組み失敗を重ねてきた歴史がある。デジタル庁をこれまでの失敗の二の舞にしないためには、単に「行政のデジタル化」だけを目標にするのではなく、その先にあるオープンガバナンスを見据えなければいけない。行政の都合ではなく、政策のエンドユーザーである市民の目線に立ったデザイン思考こそが、行政と市民の新しい連携の場を構築するために必要だ。

詳細を見る

日本版トランジション・ファイナンスを作り上げろ

パリ協定が掲げる脱炭素社会。その実現に向けた金融手法、「トランジション・ファイナンス」が注目を集めている。国内でも大手海運業者を中心に調達が始まった。しかし、トランジション・ファイナンスの活用は世界的に見ても低調だ。資金提供者側からの理解が得られていないことが主な原因として挙げられている。政府、事業者、資金提供者が協力し、日本流の投融資環境を整備していくことが重要だ。

詳細を見る

ICT時代におけるメディア・リテラシー教育の「世代間格差」を無くせ

日本における個人のインターネット利用率は9割目前を迎えている。インターネットを通じた情報取得は常に「ソース・内容の確かさ」が問題となり、人々が「メディア・リテラシー」を持つことが求められている。しかし、現状、日本における「メディア・リテラシー教育」政策は、青少年を対象としたものが多く、インターネットの利用率が高まる高齢者まで行き届くプログラムを十分に展開できていない。海外の事例を参考に、「メディア・リテラシー」の世代間格差を無くすプログラムが、いま求められている。

詳細を見る