利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

組織名変更のお知らせ

当機構では2016年6月13日より、組織名称を変更いたしました。
新名称:公益財団法人 NIRA総合研究開発機構(略称:NIRA総研)
英文名:Nippon Institute for Research Advancement
    (略称:NIRA)

    

「重要な課題の研究を積み重ねて、骨太の政策を提言します。」

日本の経済社会が大きく変化している時代にこそ、的確な情報収集を行い、専門家の知見を集め、わかりやすい形で発信するシンクタンクの役割が重要となります。一方で中長期の課題を深く考察し、骨太の提言をすることなしにその存在意義はありません。だからこそ、NIRAは重要な課題の研究を積み重ね、一歩一歩着実に成果を出していきます。

テーマ一覧

世界・日本の危機への対応

アジアの経済活性化戦略

少子高齢化と政府・制度設計

地域の課題  食料・農業、医療…

新着情報

2016/12/07
オピニオンペーパー
NIRAオピニオンペーパーNo.26「ブロックチェーンは社会をどう変えるか」を掲載しました。NEW!
2016/11/30
研究報告書2
NIRA研究報告書「コンパクトな産業集積へー柔軟なネットワークで支えるー」を掲載しました。NEW!
2016/11/04
オピニオンペーパー
NIRAオピニオンペーパーNo.25「AI時代の人間の強み・経営のあり方」を掲載しました。
2016/10/11
わたしの構想
「わたしの構想」No.26「今なぜ軽減税率なのか?」を掲載しました。
2016/09/12
わたしの構想
「わたしの構想」No.25「若者の政治参加を促す」を掲載しました。
2016/08/31
モノグラフ2
NIRAモノグラフシリーズNo.40「職業特性と高齢者特性-現役世代への意識調査から見えてくるもの-」を掲載しました。
2016/07/26
モノグラフ2
NIRAモノグラフシリーズNo.39「AIをどう見るか “Edge Question”から探るAIイメージ」を掲載しました。
2016/07/11
オピニオンペーパー
NIRAオピニオンペーパーNo.24「課題「解決」型デモクラシーのガバナンス―政労使協議という実験―」を掲載しました。

新着情報 続きはこちら

トピックス

2016/12/08
お知らせ
公文俊平先生が平成28年度第1回科学技術講演会「AI活用が拓く未来」(12/20)で講演されます。 NEW!
2016/12/07
お知らせ
政治山に「課題「解決」型デモクラシーのガバナンス―政労使協議という実験―(前編後編)」が掲載されました。 NEW!
2016/11/21
お知らせ
NIRA政策提言ハイライトに「シニアの就業促進に向けて」を掲載しました。 NEW!

トピックス 続きはこちら

このページのトップへ