利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究活動一覧 > 北欧の雇用政策に学ぶ

研究活動一覧

北欧の雇用政策に学ぶ

自主研究
機関:NIRA総合研究開発機構  期間:2020年12月~2022年3月

■概要
 急速な技術革新とともに加熱する国際競争に曝されながら、日本は労働人口の減少や財政の持続性という深刻な課題を抱える。加えてコロナ禍で経済社会が停滞し、労働市場にも不安が広がっており、雇用移動の必要性は差し迫ったものになっている。こうした中で、産業の新陳代謝を通じた経済成長を促しつつ人々の生活を保障する北欧型の雇用政策を学ぶ意義は大きい。本プロジェクトでは、識者からのヒアリング等を通じて北欧の雇用政策について学び、日本への応用を検討し、政策提言へつなげる。

■研究体制
谷口将紀 NIRA総研理事長/東京大学大学院法学政治学研究科 教授
水島治郎 千葉大学大学院社会科学研究院 教授/NIRA総研上席研究員
神田玲子 NIRA総研理事/研究調査部部長
関島梢恵 NIRA総研研究コーディネーター・研究員

このページのトップへ