利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究活動一覧 > 日米独AI比較研究Ⅱ

研究活動一覧

日米独AI比較研究Ⅱ

自主研究
機関:NIRA総合研究開発機構  期間:2019年7月~2020年5月

■概要
AIやビッグデータ、IoTといったデジタル技術の進展により、社会のあらゆる領域でデジタル・トランスフォーメーションが進んでいる。本研究では、デジタル・トランスフォーメーションが科学と社会に及ぼす新たな機会や問題、デジタル時代における科学と社会の健全な関係性について検討するため、ドイツ日本研究所(DIJ)およびドイツ科学・イノベーションフォーラム(DWIH)と共同で国内外の研究者を招きコンファレンスを開催する。特に自然科学分野に比べると議論が少ない人文・社会科学分野における市民科学の可能性や課題に焦点を当て、いくつかの実践を紹介し、その意義や影響、政策的な示唆について、日米独の国際比較の観点も入れて議論する。

■研究体制
柳川範之  NIRA総研理事/東京大学大学院経済学研究科教授
神田玲子  NIRA総研理事/研究調査部長
井上 敦  NIRA総研研究コーディネーター・研究員

<NIRA関連研究頁>
日米独AI比較研究

このページのトップへ