利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究活動一覧 > 東日本大震災復旧・復興インデックス(2013年度)

研究活動一覧

東日本大震災復旧・復興インデックス(2013年度)

自主研究
機関:総合研究開発機構  期間:2013年4月~2014年10月  研究終了

 NIRA復旧・復興インデックス検討チームは、東日本大震災で津波の被害を受けた地域の復旧・復興の進捗状況を客観的、定量的に把握するために、インデックスを作成し、その結果を公表している。2011年9月以降、すでに計5回の更新・公表を行った。
 本年度は、震災から2年経過時までのインデックスを公表し、それ以降は、従来の月次ベースのものから年次ベースのデータをもとにするインデックスへと内容を見直す予定である。
 併せて、今後の災害においてデータを踏まえた政策立案が行われることを目指し、災害時のデータの収集・活用体制のあり方などを検討する。

■研究体制

 市村英彦 東京大学大学院経済学研究科・公共政策大学院 教授
 柳川範之 東京大学大学院経済学研究科 教授/NIRA 理事
 澤田康幸 東京大学大学院経済学研究科 教授
 江頭達郎 岩手県復興局総務企画課 主任企画専門員
 神田玲子 NIRA理事・研究調査部 部長
 島澤 諭 NIRA研究調査部 主任研究員
 飯塚俊太郎 NIRA研究調査部 研究員
 森 直子 NIRA研究調査部 研究コーディネーター

■「東日本大震災復旧・復興インデックス」報告書
 2011年9月公表
 2011年12月更新
 2012年3月更新
 2012年6月更新
 2013年3月更新
 2013年6月更新

このページのトップへ