利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究活動一覧 > 東日本大震災復旧・復興インデックス(2011年度)

研究活動一覧

東日本大震災復旧・復興インデックス(2011年度)

自主研究
機関:総合研究開発機構  研究終了

  東日本大震災が発生して半年が経過し、その間、復旧・復興に向けた取組が関係者の努力によって進められてきた。しかし、そのような復旧・復興に向けた進捗の推移等がデータによって把握されているとは必ずしもいえない。そこで、東日本大震災復旧・復興インデックスを試行的に作成し、復旧・復興状況の全体像を定量的に把握した。
 東日本大震災復旧・復興インデックスは、大震災で津波被害を受けた地域(被災37市町村・県)を対象地域とし、当該地域の被災後の復旧・復興状況の推移を関連する指標を合成して作成している。
 2011年9月に公表。2011年12月および2012年3月に更新版を公表した。特に、震災から1年目にあたる2012年3月公表分では、被災3県の回復状況を具体的に把握するために、現地ヒアリングを通じて地域の課題を把握するとともに、復興政策の進め方などに関して提言を行った。

(2011年9月公表)
概要
エグゼクティブサマリー
研究報告書
■東日本大震災復旧・復興インデックス [EXCEL]
■市町村別「生活基盤の復旧状況」指数 [EXCEL]

研究体制
市村英彦 東京大学大学院経済学研究科・公共政策大学院教授
柳川範之 東京大学大学院経済学研究科教授/NIRA理事
澤田康幸 東京大学大学院経済学研究科教授
米岡大輔 東京大学大学院医学系研究科(国際保健)修士課程
和川 央 岩手県復興局産業再生課主査
浜岡 誠 岩手県復興局企画課企画専門員
神田玲子 NIRA研究調査部長
斉藤徹史 NIRA主任研究員
森 直子 NIRA研究コーディネーター・主任研究員
秋元奈央 NIRAリサーチ・アシスタント

このページのトップへ