利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究活動一覧 > アジアにおける国際規格・標準化に関する研究

研究活動一覧

アジアにおける国際規格・標準化に関する研究

自主研究
機関:総合研究開発機構  研究終了

アジア市場が大きく注目される現在、アジア諸国との間に「内需」と呼べるくらいの強い結びつきをつくっていくことが重要な課題である。 2009年秋に終了した自主研究において、アジアにおける人材の交流を積極的に進めること、 そしてアジアに対して日本を開放することの重要性を示唆したアジアの「内需」化に関する報告書を刊行した。また、 そこではアジアとの強い結びつきを促進していく基盤として、域内で国際的な規格化、標準化を推進する重要性も指摘している。しかし、 この国際規格・標準化に関しては、より詳細な分析と制度設計への提言が求められる。
そこで、本プロジェクトでは、アジア全体で標準や競争政策などに関して、制度そのものの整備のみならず運用面での水準引き上げ、 各国間の調整を行う重要性を踏まえ、アジアにおける制度整備のあり方とその地域経済への影響について検討する。

研究体制
プロジェクト・リーダー:
柳川 範之  総合研究開発機構理事/東京大学大学院経済学研究科准教授

森  直子  研究調査部主任研究員

このページのトップへ