利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究活動一覧 > NIRA研究報告書『アジアを「内需」に』への内容拡充

研究活動一覧

NIRA研究報告書『アジアを「内需」に』への内容拡充

受託研究
機関:総合研究開発機構  研究終了

NIRA研究報告書 『アジアを「内需」に―規格・制度の標準化で―』(2009年10月公表)について、①わが国経済の「内需」と 「外需」の関係、 ②アジアをめぐる直接投資の動向、③アジアとのビジネス・アライアンス強化のための人材交流、日本文化教育、 ④制度やルールの標準化、ハーモナイゼーションの4項目について、内容の拡充を行った。

研究体制:
(監修)
柳川範之 総合研究開発機構理事/東京大学大学院経済学研究科准教授
(実施)
太田哲生 研究調査部リサーチフェロー(総括)
平井照水 研究調査部リサーチフェロー
森 直子 研究調査部リサーチフェロー
神野真敏 研究調査部ジュニアリサーチフェロー

委託機関
独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)


 

このページのトップへ