利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRA政策レビュー > 中国の時代となるか

NIRA政策レビュー

中国の時代となるか

NIRA政策レビューNo.51 2011/03発行
伊藤元重(NIRA理事長)、川島真(東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻准教授)、柯隆(富士通総研主席研究員)、小手川大助 (前国際通貨基金日本政府代表理事)、金森俊樹(大和総研常務理事)

グローバル視点での中国経済 伊藤元重

 中国経済の規模が拡大するにつれ、グローバル視点から中国経済を見ることの重要性が増している。 世界経済との関わりで中国経済をどう見るのかという視点である。中国の動きがいろいろな面で世界経済に影響を及ぼすし、 世界経済の動きの中で中国の直面する課題を理解しなくてはいけない。<続く

●「視点・論点」目次
「大国」中国といかに向き合うか 川島真
「富国貧民」で誇示されるチャイニーズパワー 柯隆
性急な人民元自由化は日本にとってマイナスに 小手川大助
人民元改革が中国経済の鍵を握る 金森俊樹

※本誌に関するご感想・ご意見をお寄せください。 E-mail: info@nira.or.jp

このページのトップへ