利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRA政策レビュー > まちなか集積医療

NIRA政策レビュー

まちなか集積医療

NIRA政策レビュー特別号 2010/05発行
長谷川敏彦(日本医科大学医療管理学教室主任教授)、伊藤由希子(東京学芸大学人文社会科学系経済学分野准教授)、辻 明子 (NIRA主任研究員)、中川雅之(日本大学経済学部教授、豊田奈穂(NIRA主任研究員)

超高齢社会の医療はまちなかで

 国民の5人に1人が65歳以上の高齢者になったわが国では、超高齢社会に持続可能な医療供給システムの構築が渇望されている。 ここでは、「まちなか」と「集積」をキーワードに、医療政策と地域問題の双方に活路を見出すことを提示する。<続く

*5頁 注2は、こちらからご覧ください。

本号は、NIRA研究報告書『「まちなか集積医療」の提言―医療は地域が解決する―』(2010年3月刊)を簡潔にまとめたものです。

<関連記事>
一般財団法人土地総合研究所「土地総合研究」2014年冬号「中心市街地における医療・健康分野のまちづくりに関する一考察」に掲載。

※本誌に関するご感想・ご意見をお寄せください。 E-mail: info@nira.or.jp

このページのトップへ