利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRA政策レビュー > 日豪EPAへの期待と不安

NIRA政策レビュー

日豪EPAへの期待と不安

NIRA政策レビューNo.20 2007/10発行
伊藤元重(NIRA理事長)、岩武俊広((社)日本自動車工業会参与・国際総括部長)、今野正弘(全国農業協同組合中央会農政部長)、椋寛 (学習院大学准教授)

日豪EPA/FTA(経済連携協定/自由貿易協定)に関する論議の最大のポイントが農業問題である。 豪州は世界有数の競争力を誇る農業国であり、豪州とEPAを結ぶことによって日本の農業が受ける影響は相当に大きなものであると想定される。<続く

2007年10月発行

このページのトップへ