利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRA政策レビュー > 必要な航空業の改革

NIRA政策レビュー

必要な航空業の改革

NIRA政策レビューNo.19 2007/09発行
伊藤元重(NIRA理事長)、羽生次郎(運輸政策研究機構会長)、中条潮(慶応義塾大学教授)、下井直毅(多摩大学准教授)

政府のアジアゲートウェイ戦略の中で日本の航空業の改革が大きく取り上げられた。 日本の航空行政を世界の流れであるオープンスカイ政策にシフトしていくこと、 羽田空港を国内線だけに限定しないでアジア路線などにも積極的に活用していくことなどが論議された。この論議は世の中の注目を浴びたが、 それだけ航空業の現状に不満を持っている人が多いということだろう。<続く

このページのトップへ