利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRA政策レビュー > 農業国際化への視点

NIRA政策レビュー

農業国際化への視点

NIRA政策レビューNo.16 2007/06発行
伊藤元重(NIRA理事長)、生源寺眞一(東京大学教授)、鈴木宣弘(東京大学教授)、大澤信一(日本総合研究所主任研究員)

下がり続ける食料自給率、止まらない農家の高齢化、厳しい農業経営、増え続ける耕作放棄地と荒れる農地など、 私たちの耳に入ってくる農業の現状は惨憺たる状況だ。 このような状況になるまで有効な手を打って来ることができなかった農業政策のあり方が問われている。また、 このままの政策を続けていたら日本の農業や食料の未来はない。<続く

このページのトップへ