利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > 対談シリーズ > 海外投資家の目から見た日本の「成長」

対談シリーズ

海外投資家の目から見た日本の「成長」

対談シリーズ第56回 2010/06発行
水野弘道(コラーキャピタルパートナー)、柳川範之(NIRA理事)

「成長するアジア」から乖離する「日本」

柳川 ロンドンの投資会社のパートナーとして世界の投資家を相手に活躍されている立場から見て、 日本が世界からどのように見えるのか、どのようなポジションにあるのか、ということを具体的にお話ししていただいて、 そこから問題点を指摘していただければと思います。

水野 私はアジアでの投資の責任者を務めていますが、 ますますアジアと日本との乖離が進んでいます。いわゆる「アジアのなかの日本」というよりも、「アジア」と「日本」 という感じになりつつあります。しかもアジアに東京の情報は入っているのに、東京にいると、アジアの情報が入りにくいですね。
  投資家の観点で見ると、日本はこの20年間、アジアの一部としては認識されてきませんでした。
続く

対談録に続いて、コラム「エキスパートに聞く」を掲載しています。
1.投資先を絞りベンチャーを育成する [PDF/175KB] (2010年7月5日)
2.「投資」「補助」「リスク・ キャピタル」 [PDF/172KB] (2010年7月12日)
3.外から見た日本の 「国際競争力」 [PDF/180KB] (2010年7月20日)


※本誌に関するご感想・ご意見をお寄せください。E-mail: info@nira.or.jp

このページのトップへ