利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > 対談シリーズ > 医療資源の適正配分に向けて

対談シリーズ

医療資源の適正配分に向けて

対談シリーズ第42回 2009/02発行
近藤正晃ジェームス(日本医療政策機構副代表理事・東京大学特任准教授)、伊藤元重(NIRA理事長)

日本の医療資源は4分の1が無駄使い

伊藤 NIRAの対談シリーズでは医療の問題を集中的に取り上げ、 できるだけ違ったお立場の方にお話していただき、広い視野から医療の問題を考えていきたいと思っています。 近藤先生はいろいろなことにかかわっていらっしゃると思うのですが、どういった医療政策に一番ご関心をお持ちなのでしょうか。

近藤 今、大変関心を持っていることが、三つあります。 一つが医療の無駄をどう削除していくかということ、もう一つが、医療という大きな成長産業をどのように育成していくかということ、 そして三つ目が、いずれを行っていくためにも必要な、医療の意思決定プロセスを変えていくということ、です。<続く

このページのトップへ