利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > 対談シリーズ > 医療問題:議論の基礎にデータを

対談シリーズ

医療問題:議論の基礎にデータを

対談シリーズ第41回 2009/01発行
井伊雅子(一橋大学国際・公共政策大学院教授)、伊藤元重(NIRA理事長)

データ不在の医療問題議論

伊藤 NIRAの対談シリーズでは、医療の問題を集中的に取り上げ、 できるだけ異なった立場の方にお話しをしていただいて、広い視点を提供できればと思っています。井伊先生には今日はぜひ、 日ごろご自身のお得意な分野で、医療の問題に対して一番、気にされていること、特に重要だと思うところを、 お話ししていただきたいと思います。

井伊 今日の対談では、先日、NIRAの研究報告書「統計改革への提言― 『専門知と経験知の共有化』を目指して」を拝読しておりますので、 医療統計の問題や医療情報の開示がどうして必要なのかということを中心にお話ししようと思っています。<続く

このページのトップへ