利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > 対談シリーズ > 日本の医療の課題:「医療の見える化」に向けて

対談シリーズ

日本の医療の課題:「医療の見える化」に向けて

対談シリーズ第34回 2008/09発行
川渕孝一(東京医科歯科大学大学院教授)、伊藤元重(NIRA理事長)

伊藤 NIRA では、今日の医療について、 われわれユーザーの立場から問題の在りかとそれにいかに対応していくべきか、を集中的に探っていきたいと考え、 この分野で活躍されている方々に、このあと続けてお話を伺っていきたいと思っています。そこで今日は川渕先生にお話を伺いたいと思います。

「医療の見える化」に向けて

川渕 私は今、もっぱら「医療の見える化」ということをやっておりまして、 その話をさせていただきたい。<続く

このページのトップへ