利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > 対談シリーズ > 女性、ネットワークの可能性

対談シリーズ

女性、ネットワークの可能性

対談シリーズ第18回 2007/05発行
伊藤元重(NIRA理事長)、佐々木かをり(株式会社イー・ウーマン代表取締役社長)

伊藤 今日は、佐々木さんに、イー・ウーマンという仕事を通じて、日頃考えられている、 特に今の女性のネットワークだとか、可能性とか、をお話しいただければいいと思います。まず、イー・ウーマンの取り組みとか、 成り立ちみたいなことからお話をいただけますか。                                  

佐々木 イー・ウーマンの成り立ちを話そうとすると、少し遡って、 ユニカルインターナショナルという会社になります。ユニカルインターナショナルは、1987年に私が設立した会社で、 翻訳とか通訳とかのフリーランサーがネットワークをして業務をするということでした。その会社を20代半ば独身で、 どこのスポンサーもなく立ち上げました。<続く

2007年5月1日発行

このページのトップへ