利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題 > 道州制実現下における沖縄単独州の財政構造に関する実証分析―沖縄単独州の財政課題とその対応策―

NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題

道州制実現下における沖縄単独州の財政構造に関する実証分析―沖縄単独州の財政課題とその対応策―

NIRAモノグラフシリーズNo.28 2009/03発行
和仁屋浩次(NIRAリサーチフェロー)

道州制をめぐる議論が活発化している。人口減少や少子高齢化社会の到来、さらには経済活動のグローバル化の進展など、 経済社会情勢が変化していく中で集権型の行財政システムが十分に機能しなくなったことが議論の背景にある。そのため、 新しい時代に対応した行財政システムとして道州制が注目され、その制度設計のあり方が模索されている。とりわけ財政制度については、 持続可能な地域社会を構築する上でもっとも重要な制度の一つである。

はじめに
第1節 既存研究の成果
第2節 歳出構造の分析
第3節 歳入構造の分析
第4節 市町村合併による歳出削減効果の検証
おわりに

このページのトップへ