利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題 > 東アジア地域秩序の変容にどう関与するか

NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題

東アジア地域秩序の変容にどう関与するか

NIRAモノグラフシリーズNo.27 2008/03発行

白石隆(政策研究大学院大学副学長)

中国の経済的台頭は、東アジア地域秩序にどのような変化をもたらしそうか。東南アジアの国々は中国の台頭にどう対応しているのか。 日本はどう対応すればよいのか。
中国の台頭にともなって、中国中心の地域秩序が形成されつつあるわけではない。東南アジアの多くの国では、経済的相互依存の拡大とともに、 中国との貿易拡大に応じて日本、米国、アセアン諸国との貿易も拡大している。また政治的には現在、 マルティの地域協力はアセアン中心に進んでおり、それを踏まえた上で、各国はそれぞれの戦略によってバランスをとろうとしている。
東アジア地域秩序「進化」のために日本がなにをなすべきか。その一つは日米同盟堅持である。世界政治の構造は現在、 米国一極システムから米欧中印の4極システムに移行しつつある。このシステムで日本はおそらく一極を構成することはない。しかし、 日本はミドル・パワーとしてアジアにおいて決定的な役割をはたすことができる。
もう一つは経済協力・経済連携である。今日の世界は完全なアナキーではなく、相互依存が進展し、さまざまなかたちで世界的、 地域的なガヴァナンスのしくみが形成されている。中国周辺の国々は経済的相互依存が進展すればするほど、 中国への経済的依存を恐れることなく、中国との貿易を拡大することができる。また中国自身、その発展のためには、 これからますます相互依存のネットワークに組み込まれていかざるを得ない。
日米同盟堅持と相互依存の推進、これこそ地域秩序「進化」の鍵である。

目次
1. 貿易の動向
2. マルティの関与
3. バイの動向
 (1) インドネシア
 (2) タイ
 (3) ミャンマー
4. まとめ

このページのトップへ