利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題 > 食をめぐる産業内貿易の可能性:成長アジアを見据えて

NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題

食をめぐる産業内貿易の可能性:成長アジアを見据えて

NIRAモノグラフシリーズNo.19 2008/03発行

金田憲和(東京農業大学国際食料情報学部准教授)

日本政府は、「攻めの農政」の重要な柱として、農産物の輸出促進に取り組んでいる。平成17年(2005年)3月には、平成21年 (2009年)までの5年間で輸出額を倍増させる(約6000億円)という目標を設定した。さらにその後、「21世紀新農政2007」 において、平成25年(2013年)までに輸出額1兆円規模を目指すことを目標に定めた。

このページのトップへ