利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題 > グローバル化と食料・農業: 総合的視点の重要性

NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題

グローバル化と食料・農業: 総合的視点の重要性

NIRAモノグラフシリーズNo.20 2008/03発行

鈴木宣弘(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)

我が国の農産物市場が閉鎖的だというのは間違いである。日本ほどグローバル化した食料市場はないといってもよい。 我々の体のエネルギーの61%もが海外の食料に依存していることが何よりの証拠である。

このページのトップへ