利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題 > グローバル化と食料・農業:日本農業の国際化対応

NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題

グローバル化と食料・農業:日本農業の国際化対応

NIRAモノグラフシリーズNo.21 2008/03発行

本間正義(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)

内閣府が2007年末に発表した数値によれば、2006年の日本の一人当たり名目国内総生産(GDP)は3万4,252ドルで、 経済協力開発機構(OECD)30カ国中18位である。日本は米国に次ぐ世界第2位の経済大国としてかつて世界のGDPの約17.9% を占めていたが(1994年)、今日では世界のGDPの約9.1%を占めるに過ぎない。経済大国日本に陰りが見えている。

このページのトップへ