利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題 > 総括 日本の食料:新局面と政策課題

NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題

総括 日本の食料:新局面と政策課題

NIRAモノグラフシリーズNo.25 2008/03発行

生源寺眞一(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)

食料問題が、国際問題として、また、私たちの暮らしに密着したテーマとして、強い関心を集めている。 原油の価格上昇を追いかけるように、小麦やトウモロコシなどの国際相場の高騰が伝えられている。すでに相次ぐ食料品の値上げのかたちで、 国民生活にも影響が現れはじめた。日本だけのことではない。

このページのトップへ