利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題 > 地域の輝きを育てる「オンパク」モデル

NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題

地域の輝きを育てる「オンパク」モデル

NIRAモノグラフシリーズNo.06 2008/03発行
鶴田浩一郎(NPO法人ハットウ・オンパク代表理事)
野上泰生(NPO法人ハットウ・オンパク理事)

温泉観光地として長期低迷傾向に悩んでいた別府が独特のイベント手法を通じて地域再生の取組みを行っている。2001年に開始された 「別府八湯温泉泊覧会(オンパク)」は、地域再生には不可欠な地域資源を活かした多彩なサービスの発掘から事業化、そして、 その担い手となる人材の育成を可能にしたイベントである。

このページのトップへ