利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題 > 自治体のガバナンスと行政評価

NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題

自治体のガバナンスと行政評価

NIRAモノグラフシリーズNo.05 2008/03発行
本荘重弘(川西市企画財政部政策室長)

兵庫県川西市においては、1992年度から行政評価を試行・導入し、今日に至っている。この間、 様々な紆余曲折を経てシステムの更新を図ってきたところであるが、一貫したポリシーは、「総合計画を基軸としたシステム化」であった。

このページのトップへ