利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > データで見る >アフリカの国民総所得(GNI)の推移(1960年-2018年)


データで見る

アフリカの国民総所得(GNI)の推移(1960年-2018年)



アフリカの国民総所得(GNI)の推移(1960年-2018年)
80年代、90年代は、経済の低迷にあえいだアフリカ。その後、2000年以降は、リープフロッグとも呼ばれる成長を実現した。そのスピードは、世界の注目を浴びる。しかし、それは人口増加で支えられている面もある。国全体ではなく、一人当たりの所得の増加の動向に注目する必要がある。
(神田玲子)


■ファクト
  • 1960年の計数を1とした場合、サブサハラ・アフリカのGNIは、2000年代初頭から約20年間で大きく成長し、そのスピードは先進国を凌ぐ。
  • 1人当たりのGNIを世界平均と比較すると、2000年以降はその差がやや小さくなっているものの、世界平均の2割に満たない水準で推移している。

製造業
■付表

このページのトップへ