利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 利用方法

利用方法

検索語句の選択

必要な情報にたどりつくには、適切な検索語句を選択することが重要です。

たとえば、ハワイに関する一般的な情報を検索するには、「ハワイ」と入力します。

逆に、もっと具体的な情報を検索するには、複数の検索語句を使用することをお勧めします。例えばハワイに旅行に出掛けようとしているのなら、「旅行」または「ハワイ」ではなく、「ハワイ 旅行」と入力します。「ハワイ ゴルフ リゾート」のように組み合わせると、さらに検索結果が絞り込まれます。

検索語句の入力例

また、検索語句は十分に具体的なものにします。「南の島 ホテル」ではなく「おすすめ ホテル ワイキキ」の方が的を得た結果が得られます。ただし、検索語句は厳選してください。Google では入力した検索語句がすべて検索されるため、「ワイキキで泊まるのに最高のところ」より「おすすめ ホテル ワイキキ」の方が的確な情報を検索できます。

英語の大文字と小文字

Google 検索では、英語の大文字と小文字は区別されません。検索語句は大文字で入力しても、すべて小文字として認識されます。たとえば、george washingtonGeorge WashingtongEoRgE wAsHiNgToN の検索結果はすべて同じになります。

自動 AND 検索

Google の標準設定では、入力したキーワードをすべて含むページだけが表示されます。キーワードの間に「AND」演算子を入れる必要はありません。一方、キーワードの入力順序は結果に影響します。検索結果を絞り込むには、キーワードを追加します。たとえば、ハワイへのお得なツアーを捜している場合は、「ハワイ 格安ツアー」のように入力します。

自動 AND 検索の入力例

除外キーワード

検索語句に複数の意味がある場合 (服飾雑貨と工作機械の分野で使用されるベルトなど)、避けたい方の単語の前にマイナス記号 (-) を付けると、その単語は検索結果から除外されます。

たとえば、機械のベルトコンベアではなく、ファッション小物のベルトを検索するには、次のように入力します。

除外キーワードの入力例

注: 除外キーワードを指定する際は、マイナス記号の前にスペースを入れます。

このページのトップへ