個人自営業者の就労をめぐる政策課題に関する研究 | NIRA 総合研究開発機構

利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究活動一覧 > 個人自営業者の就労をめぐる政策課題に関する研究

研究活動一覧

個人自営業者の就労をめぐる政策課題に関する研究

自主研究
機関:NIRA総合研究開発機構  期間:2018年4月~2019年6月

■概要
 昨今の急速な技術革新は、これまで想定されてこなかった個人自営業者を生み出す可能性がある。日本の人材育成や社会保障の制度は、企業に雇用されて働くことを前提に設計されてきた面が大きく、従来の雇用形態から外れた働き方では機能しない可能性がある。
 本研究プロジェクトでは「DigitalizationとIndependent Contractor」を基本コンセプトとし、近い将来生じうる変化に適合した制度設計を行ううえでの課題とその解決に向けた施策を検討し、EUや米国の現状や制度との比較も行いつつ、法と経済の両面から具体的な政策提言を行う。

■研究体制
大内伸哉 神戸大学大学院法学研究科教授/NIRA総研客員研究員
池田千鶴 神戸大学大学院法学研究科教授/NIRA総研客員研究員
江口匡太 中央大学商学部教授/NIRA総研客員研究員
中益陽子 亜細亜大学法学部准教授/NIRA総研客員研究員
渕圭吾  神戸大学大学院法学研究科教授/NIRA総研客員研究員
神田玲子 NIRA総研理事/研究調査部長
尾崎大輔 NIRA総研研究コーディネーター・研究員

<NIRA関連研究頁>
AIと働き方に関する研究

このページのトップへ