利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究活動一覧 > オープンAPI時代の銀行業の将来

研究活動一覧

オープンAPI時代の銀行業の将来

自主研究
機関:NIRA総合研究開発機構  期間:2017年5月~2018年3月

■概要
 オープンAPIによって、銀行業がプラットフォーム化すると言われている。これは銀行業にとってDestructiveな面を持つが、一方で銀行業が変化する事により、これまでのビジネスモデルに縛られない活動を促す可能性も秘めている。
 そこで本研究会においては、改めて金融業の本質を再検等し、金融業の将来像を展望した上で、提言に結びつけていく事を目的とする。

■研究体制
翁  百合 理事/日本総合研究所副理事長/(座長)
柳川 範之 理事/東京大学大学院経済学研究科教授
加藤  究 客員研究員/フューチャーアーキテクトシニアアーキテクト
神田 玲子 理事/研究調査部長
林  祐司 主任研究員
羽木 千晴 研究員
川本 茉莉 研究員

<NIRA関連研究頁>
ブロックチェーンに関する研究会

このページのトップへ