利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究活動一覧 > 情報化の挑戦を受ける日本に関する研究(Kapro)

研究活動一覧

情報化の挑戦を受ける日本に関する研究(Kapro)

自主研究
機関:総合研究開発機構(NIRA)  期間:2014年8月~2015年6月  研究終了

■概要
21世紀社会においては、国家化(ポスト民主主義とポスト社会主義)、産業化(デジタル化)、情報化(ソーシャル化)といった変化が起きている。その変化動向の中で、日本が直面する主要な挑戦を同定し、その挑戦に対処するための自己改革と他者制御策を提言する。

■研究体制
公文俊平 上席客員研究員/多摩大学情報社会学研究所 所長
山内康英 客員研究員/多摩大学情報社会学研究所 教授
西田亮介 客員研究員(2014/08~2015/03)/立命館大学大学院先端総合学術研究科特別招聘准教授
神田玲子 理事/研究調査部長
川本茉莉 研究コーディネーター・アシスタント
羽木千晴 研究コーディネーター・アシスタント

<関連研究>
情報化の挑戦を受ける日本に関する研究(Kapro)Ⅱ
(期間:2015年7月~2016年3月)

このページのトップへ