利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究活動一覧 > 「病院を中心とする街づくり」 共同研究

研究活動一覧

「病院を中心とする街づくり」 共同研究

共同研究
機関:総合研究開発機構(NIRA)(研究分担)  期間:2014年5月~2015年9月  研究終了

■概要
 本研究では、公的統計や地理情報サービスを活用し、各地点の医療サービスの需給状況を機能別に分類した「医療サービス需給マップ」を作成することで全体像の可視化を目指す。また、これと同時に、病院統合事例をまとめたNIRAモノグラフシリーズ「まちなか集積医療-事例調査から学ぶ-」(2011年7月)のフォローアップを実施する。
 なお、本研究は、日本学術振興会の「課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業」(実社会対応プログラム)の助成のもとで実施し、伊藤由希子東京学芸大学准教授を研究代表とする共同研究事業への参画である。

■研究体制
 神田玲子 理事・研究調査部長
 豊田奈穂 研究調査部主任研究員


<関連研究>
選べる広域連携-自治体による戦略的パートナー選択の時代へ-(NIRA研究報告書/2014年5月)
老いる都市と医療を再生する-まちなか集積医療の実現策の提示- (NIRA研究報告書/2012年1月)
まちなか集積医療-事例調査から学ぶ-(NIRAモノグラフシリーズNo.32/2011年7月)
「まちなか集積医療の提言」-医療は地域が解決する-(NIRA研究報告書/2010年3月)


このページのトップへ