利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究活動一覧 > アジア経済活性化戦略

研究活動一覧

アジア経済活性化戦略

自主研究
機関:総合研究開発機構  研究終了

■概要
現在、グローバル化が進む世界にあって、いかに日本経済の活力を維持していくかが、喫急の課題となっている。 さまざまな国内問題への取り組みと併せ、アジア経済との多様な連携を深めることが、日本経済の、 ひいてはアジア経済全体の活性化に繋がると考えられる。
本プロジェクトでは、そうした認識に立ち、アジア全体で標準や競争政策などに関して具体的な検討を行う。 制度そのものの整備のみならず運用面での水準引き上げ、各国間の調整を行う重要性を踏まえ、アジアにおける制度整備のあり方を展望し、 その経済活性化への影響について検討する。

■研究報告書 「アジアを「内需」に ―規格・ 制度の標準化で―」(2009年10月)
 (PDF: 全文エグゼクティブサマリー英文エグゼクティブサマリー

(目 次)        
 はじめに
 1.アジア市場は重要だが
 2.欧米にとっても重要な市場
 3.相互の発展を目指すべき
 4.アジアを「内需に」!
 5.アジアで制度の標準化を
 6.なぜ今重要なのか
 補論:食品産業における安全安心基盤の確立

■研究体制
 柳川範之 総合研究開発機構理事/東京大学大学院経済学研究科・経済学部准教授
 神田玲子 同 研究調査部長
 森 直子 同 研究調査部リサーチフェロー
 畑佐伸英 同 研究調査部リサーチフェロー


<関連頁>
・「アジアの「内需」を牽引する所得層―景気が失速しても、中間所得層の拡大は大きい―
  (NIRAモノグラフシリーズ No.31/2010年6月発行)
・「国際標準化の問題とアジアへの展望
  (NIRAモノグラフシリーズNo.30  /2009年11月発行)
・「アジア域内標準化の経済効果
  (NIRAモノグラフシリーズNo.29  /2009年10月発行)
・「食の安全・安心とアジア市場
  (NIRA政策フォーラム/2009年9月)


<報告書関連記事>
・2010年4月号『Voice』で、柳川範之「アジア14億人市場『世界標準』で勝つ」 を掲載
・2009年11月18日(水) ロイター日本語ニュース(インターネット版)に掲載
・2009年11月11日(水) 日刊工業新聞に掲載

このページのトップへ