利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRA政策レビュー > 食の安全・安心を考える

NIRA政策レビュー

食の安全・安心を考える

NIRA政策レビューNo.34 2009/01発行
伊藤元重(NIRA理事長)、高成田 享(朝日新聞石巻支局長)、村上直久(長岡技術科学大学経営情報系准教授)、中嶋康博 (東京大学大学院農学生命科学研究科准教授)、畑佐伸英(NIRAリサーチフェロー)

安全確保の難しさ  伊藤元重

人間が口に入れるものであっても、食品と医薬品には大きな違いがある。医薬品は日常的に利用するわけではないし、 利用する人も副作用などのリスクについてある程度は意識している。それに対して、食品は多くの人が毎日多くの種類のものを摂取する。 安全管理が医薬品に比べて格段に難しいのだ。
この号では専門家の方々に食品の安全確保のための具体策を整理してもらった。<続く>

このページのトップへ