利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRA政策レビュー > サブプライム問題の背景

NIRA政策レビュー

サブプライム問題の背景

NIRA政策レビューNo.26 2008/04発行
伊藤元重(NIRA理事長)、小川英治(一橋大学教授)、杉浦哲郎(みずほ総合研究所専務執行役員・チーフエコノミスト)、太田智之 (みずほ総合研究所シニアエコノミスト)、畑佐伸英(NIRAリサーチフェロー)

サブプライムローン問題に端を発した世界的な金融危機はいまだ進行中の出来事である。この危機がどこで止まるのか、 どの程度の経済的被害となるのか、現段階で予想をすることは難しい。今回は、 専門家の方にサブプライムローン問題やそれに関連したグローバルマネーの問題について論じてもらった。ここでは、 今回の問題を教訓とする論点の中で重要と思われるものをいくつか提示してみたい。

2008年4月発行

 

このページのトップへ