利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRA政策レビュー > 為替変動の要因と課題

NIRA政策レビュー

為替変動の要因と課題

NIRA政策レビューNo.15 2007/05発行
伊藤元重(NIRA理事長)、高木信二(大阪大学教授)、小川英治(一橋大学教授)、岩田安晴(内閣府政策統括官付参事官補佐)

円レートは過去20年でもっとも円安の状態に近づきつつある。ドル、ユーロ、人民元をはじめとするアジア通貨など、 ほとんどすべての通貨に対して為替レートは円安方向に動いている。なぜ今円安なのか、本号の専門家の意見を参考にしてほしい。以下、 その議論を若干紹介してみたい。

このページのトップへ