利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRA政策レビュー > 都市の活性がもたらす商業の発展

NIRA政策レビュー

都市の活性がもたらす商業の発展

NIRA政策レビューNo.11 2007/01発行
伊藤元重(NIRA理事長)、矢作弘(大阪市立大学教授)、松島茂(法政大学教授)、佐々木茂(高崎経済大学教授)

都市の姿は社会の変化を映し出す鏡でもある。そこに映し出される姿は必ずしも美しいものではない。スプロール状に広がっていく郊外、 衰退する中心市街地、環境や省エネに逆行するような自動車に過度に依存する生活など、日本の地方都市の姿は理想とはかけ離れた状況である。 こうした状況をどのように是正していったらよいのか。それが都市計画の大きな課題であり、街づくりを支援するため「まちづくり三法」 の改正が行われた。

このページのトップへ