利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRA政策レビュー > 観光国際化への課題

NIRA政策レビュー

観光国際化への課題

NIRA政策レビューNo.8 2006/11発行
伊藤元重(NIRA理事長)、溝尾良隆(立教大学教授)、森地茂(政策研究大学院大学教授、運輸政策研究所所長)、影山武司 (静岡総合研究機構研究グループマネージャー)

国際観光に注目が集まっている。日本政府も観光立国宣言をして、海外からの観光客の誘致に力を入れている。残念ながら、 日本の状況は諸外国に比べて大きく見劣りする。2004年一年間に日本を訪れた海外からの渡航客は約614万人である (この中にはいわゆる純粋の観光客だけでなく、ビジネスで訪れた人の数も含まれている)。 一年間に7500万人も訪れるフランスとの比較は問題外として、メキシコやオーストラリアと比べても三分の一以下の規模である。

このページのトップへ