利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRA政策レビュー > 中国経済のゆくえ

NIRA政策レビュー

中国経済のゆくえ

NIRA政策レビューNo.4 2006/08発行
伊藤元重(NIRA理事長)関志雄(野村資本市場研究所シニアフェロー)、国分良成(慶応義塾大学教授)、阿部一知(東京電気大学教授)

目覚ましい経済成長を続ける中国経済の成長の原動力が、貿易と直接投資にあることは誰の目にも明らかだ。 中国の沿岸部の工業地帯には多くの海外企業が進出しており、これらの企業が輸出する商品は世界中に溢れている。 2004年に中国が受け入れた海外直接投資は実行ベースで606億ドルであり、これはアメリカに次いで世界第2位の規模である。 GDP規模で中国に6倍近くあるアメリカの直接投資受入額に及ばないのは当然として、 中国の受け入れた直接投資は他の発展途上国を圧倒している。

このページのトップへ