利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAオピニオンペーパー > 新たな働き方としてのフリーランス―都市と地域の対立を超えて―

NIRAオピニオンペーパー

新たな働き方としてのフリーランス―都市と地域の対立を超えて―

NIRAオピニオンペーパーNo.28 2017/01発行
宇野重規(NIRA総合研究開発機構理事/東京大学社会科学研究所教授)


 人々は今日、高い生産性をもつ都市に惹きつけられる一方、より愛着の抱ける「ローカル」な場所への志向を強めている。それでは、都市化の趨勢(すうせい)と「ローカル」志向は矛盾するのか。本稿ではむしろ、両者を結びつける新たな働き方の可能性として、「フリーランス」に注目したい。
 現在、地域に暮らしつつI T を使って都市の企業を相手に仕事をする個人事業主が増加する一方、新幹線通勤を含め、拡大する東京圏で働く人々が珍しくなくなっている。これらの事実は、大都市へのアクセスとローカルな結びつきを同時に追い求めようとする人々の出現を示している。
 さらに、長寿化が進むことで、ライフステージの各段階で働き方や暮らし方を変える可能性が広がる一方、1つの組織に拘束されるよりは、複数の組織とコミットすることを望む人々が増えている。「フリーランス」という働き方は、そのような人々のニーズに対応した働き方でもある。
 そのような人々は地域において、ネットワーカーとしての役割を果たすことも期待される。自らの生き方を主体的に選択したいと願い、さらに自ら進んで社会を支えようとする自負と責任感をもつ人を「中核層」と呼ぶならば、フリーランスはまさにその新たな供給源となりうる。

○都市化の時代
○新たな「ローカル」志向
○地域に暮らし、都市で働く
○フリーエージェント社会
○「フリーランス中核層」とネットワーク

<関連研究>
民主主義2.0 (2015年5月~2016年12月)
中核層・信頼社会のアンケート調査に関する研究 (2016年3月~2016年9月)

<関連頁>
中核層の時代に向けて (NIRAオピニオンペーパーNo.12)

※本誌に関するご感想・ご意見をお寄せください。E-mail:info@nira.or.jp

このページのトップへ