利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAオピニオンペーパー > 課題「解決」型デモクラシーのガバナンス―政労使協議という実験―

NIRAオピニオンペーパー

課題「解決」型デモクラシーのガバナンス―政労使協議という実験―

NIRAオピニオンペーパーNo.24 2016/07発行
水島治郎(千葉大学教授)、谷口将紀(NIRA総研理事/東京大学教授)、牛尾治朗(NIRA総研会長)

 グローバル化と脱工業化という未曽有の経済社会構造の変革期にあって、先進各国は少子高齢化・財政赤字・福祉国家改革といった新たな課題に直面しつつも、ある時は大胆に、ある時は慎重に、課題を解決するための方法を提示し、実現を試みてきた。そのさい、近年のヨーロッパ諸国でしばしば採られている手法が、政労使3者協議をはじめとするコーポラティズム的解決方法である。社会の多様な利益・集団の知恵を活かし、対決ではなく合意によって隘路を突破しようという方法は、むしろ政策イノベーションの発火点として機能する可能性を秘めている。
 安倍政権のもとでは、政労使会議の場が設けられ、賃上げを通じて経済の好循環を支えることが目指されている。この政労使会議が、ヨーロッパにおいて発達したコーポラティズムを1つのモデルとして導入されたことは容易に想像できるが、現実には政府による要請が先行しており、労使の声を適切に吸い上げ、いわば「市民社会の知恵」を活かす回路として機能しているとはいえない。労使をはじめ社会各層に開かれたコーポラティズムの手法を活かすことで、現代的課題に対応できる新たなガバナンスが可能となるのではないだろうか。

○「実験場」としてのデモクラシー
○「一億総活躍」と参加型社会
○政労使協議とコーポラティズム
○コーポラティズムをめぐる2つのイメージ
○日本への示唆

 <関連研究>
民主政治と市場経済に関する研究(Ⅱ)(2014年10月~2016年9月)

 <関連頁>
課題「解決」先進国をめざせ―先進各国から日本が学ぶべきこと―(NIRAオピニオンペーパーNo.22)

※本誌に関するご感想・ご意見をお寄せください。E-mail:info@nira.or.jp

このページのトップへ