利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAオピニオンペーパー > 東北から生まれる日本の新たな成長―シンポジウムを終えて―

NIRAオピニオンペーパー

東北から生まれる日本の新たな成長―シンポジウムを終えて―

NIRAオピニオンペーパーNo.9 2013/03発行
柳川範之(NIRA理事)、神田玲子(NIRA研究調査部長)

総合研究開発機構、東京大学、日本経済新聞社は、去る3月8日、シンポジウムを共同で開催し、東日本大震災後の被災地の復興策について議論した。そこでの議論を踏まえ、本号では、東北の被災地復興にあたっては、農業・漁業をその基盤とすることを、我々は提案する。農業・漁業の6次産業化を図り、食品加工等も含めた食品産業の一大拠点とする。また、その他にも、シンポジウムで出された有意義な提言について紹介する。

○農業・漁業を柱に復興を図る
○稲作偏重からの脱却を
○漁業に産業としてのノウハウを
○産業復興とまちづくりを一体で進める
○中世のヨーロッパ都市に学ぶ医療連携
○福島県は2040年までに再生可能エネルギーで自給する
○新しい意思決定を 

なお、シンポジウムの映像をYouTubeにアップしていますので、併せてご覧ください。

■プログラム/資料
東日本大震災復興シンポウジウム「東北から生まれる日本の新たな成長」
開催日時:2013年3月8日(金)14時~17時

・基調講演  増田寛也 東京大学公共政策大学院客員教授[PDF]]
・報告 「東北の現状と新たな取組」
  農業分野:大泉一貫 宮城大学副学長[PDF] 
  再生可能エネルギー:藤野純一 国立環境研究所主任研究員[PDF]
  医療:田城孝雄 放送大学教養学部教授[PDF]

《関連頁》

データが語る被災3県の現状と課題Ⅲ―東日本大震災復旧・復興インデックス2013年3月更新―」 (NIRA研究報告書/2013年3月)

※本誌に関するご感想・ご意見をお寄せください。E-mail:info@nira.or.jp

このページのトップへ