利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > 対談シリーズ > 「中進国」アジアが直面する課題と日本

対談シリーズ

「中進国」アジアが直面する課題と日本

対談シリーズ第61回 2011/03発行
末廣昭(東京大学社会科学研究所所長)、伊藤元重(NIRA理事長)

伊藤 いま、世界経済において、急成長を遂げるアジアが注目を集めていますが、 今日はタイをはじめとするアジアの現状をよくご存知の末廣先生にお話を伺います。いま、アジアで何が起きているのか、 どういった課題を抱えているのか、そして日本に何が期待されているのか、アジアの視点から改めて考えてみたいと思います。その上で、 日本はアジアとどのような関係を構築していくべきかについても、議論を進めていきたいと思います。末廣さんは、アジア、 特に東アジアのいまの動きをどのようにみていますか。

視点1 製造業で圧倒的な地位を占めるアジア

末廣 私は、インドを加えた東アジア1の動きを、 大きく4つの視点から考えています。
 第1に、「世界の成長軸」としてのアジアです。貿易のみならず、名目GDPの伸び率が何%という言い方で注目されていますが、まず、 主要な製造業で中国を含めたアジアが圧倒的な地位を占めているという事実を確認することが大切です。<続く



議論のポイント

●世界経済に占めるアジアの製造業の地位は圧倒的なものとなった。またアジア域内の貿易も活発化している。 中でも中国の比重が大きく、それは中国に進出している外国企業の企業内貿易によるところが大きい。

●アジアが急速に都市化する中で、上海、バンコクなどのメガ都市の消費がアジアの「内需」を支えている。

●「中進国」となったアジアでは、経済成長が鈍化するという「中所得国の罠」が起きているが、少子高齢化、高学歴ワーキングプアなどの 「中進国の課題」にも直面している点が重要である。その多くが日本の抱える課題と共通している。

●いまアジアの政治を動かしているのはインターネットや世論調査であるが、これらによる政治的動きは一時的で持続しない。 アジアでは政治と経済が連動しない。

●国際的安全保障の観点からも、日本はTPPへの関心を高めている。しかし、 これまで積み上げてきた外交政策との調整を行わないままTPPに向かうことは、アジアとの関係で失うべきものも大きく、注意が必要である。

※本誌に関するご感想・ご意見をお寄せください。E-mail:info@nira.or.jp

このページのトップへ