利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > 対談シリーズ > 日本に人を呼び込め‐海外企業からの投資と観光客ををもっと増やすために

対談シリーズ

日本に人を呼び込め‐海外企業からの投資と観光客ををもっと増やすために

対談シリーズ第8回 2006/10発行
伊藤元重(NIRA理事長)、グレン・S・フクシマ(エアバス・ジャパン代表取締役社長)

伊藤 グレンさんは、日本に住みはじめてからどれぐらいたちましたか。      

フクシマ 私はアメリカの西海岸で育ち、スタンフォード大学を卒業しましたが、その後、 日本の慶應義塾大学や東京大学で勉強しました。さらにハーバード大学に八年間居て、1985年から90年の初めまで、米国通商代表部(USTR) に所属し、ワシントンD.C.に住んでいました。 その後、アメリカ企業の駐在員として1990年の6月に東京に来ましたから、それから16年、 日本に住んでいることになりますね。

2006年10月11日発行     (『Voice』2006年8月号(PHP研究所 刊) より転載)

このページのトップへ