利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > 対談シリーズ > 医療制度改革を考える

対談シリーズ

医療制度改革を考える

対談シリーズ第2回 2006/06発行
伊藤元重(NIRA理事長)、永井良三(東京大学付属病院長)

伊藤 診療報酬の見直しなど、最近の一連の医療制度改革をどのようにご覧になっていますか。
                                       
永井 財政赤字の中で、増税せずに社会保障を持続可能とするためには、 ある程度医療費抑制もやむを得ないのかもしれません。ところが、日本の医療費はGDP比でみると世界で17位ですから、 なぜ医療費を増やせないのか説明が必要です。国民負担率の増加、特に財政赤字のほかの国と比べての重さなどを、 国民や医療関係者にきちんと説明しないといけないと思います。説明がないままに抑制が叫ばれ、 パイの奪い合いが行われていることは大きな問題と思います。

2006年6月9日発行

このページのトップへ