利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > わたしの構想 > 『日本の課題を読み解く わたしの構想Ⅱ ――中核層へのメッセージ』

わたしの構想

『日本の課題を読み解く わたしの構想Ⅱ ――中核層へのメッセージ』

わたしの構想 2017/04発行

『日本の課題を読み解く わたしの構想Ⅱ ――中核層へのメッセージ』


  [内容紹介はこちらから]

2017年4月発売!!
★ご購入は、お近くの書店またはネット書店にご注文ください。
ネット書店はこちらから

編集・発行: 公益財団法人NIRA総合研究開発機構
発売: 株式会社時事通信社
定価: 900円+税

好評の『わたしの構想』第2弾。
日本が直面する課題から12のテーマをとりあげ、碩学、新進気鋭の研究者、政治家、実務家など、立場や専門の異なる5人の識者が一つのテーマを巡って多様な意見を開示。日本の課題を考えるキーポイントを浮き彫りにする。
簡潔な構成と、平易で分かりやすい文章。未来ビジョンを探る社会人の必携の書。
各テーマ巻末には、推薦図書・キーワード・関連年表を記載。さらに読者自身の構想をまとめるメモ欄を付した。

●主な内容
PART1:新ビジネスの波
FinTechベンチャー発展の条件とは何か/民泊到来。望ましい規制のあり方とは何か/ITは企業と消費者の関係をどのように変えるのか

PART2:働き方の変革
企業組織や人々の働き方はどのように変わっていくのか/シニア世代の能力はどうすれば発揮できるのか

PART3:政治への参加
21世紀のガバナンスをどのように構想すべきか/若者の政治参加を促すために何をすべきか/いま、なぜ軽減税率なのか?/国民にとって歳出改革の意義は何か

PART4:世界と日本
社会に開かれた学術研究を開花させるために何をすべきか/EUが安定した地域経済圏となるために何をすべきか/中国経済をどうみるのか

関連ページ
シリーズ「わたしの構想」バックナンバー

既刊『日本の課題を読み解く わたしの構想Ⅰ ――中核層への90のメッセージ

※本誌に関するご感想・ご意見をお寄せください。E-mail:info@nira.or.jp

このページのトップへ