利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > 研究報告書・出版物 > hints―課題「解決」先進国をめざせ―

研究報告書・出版物

hints―課題「解決」先進国をめざせ―

2017/03発行
NIRA総合研究開発機構 発行、谷口将紀 監修

『hints―課題「解決」先進国をめざせ―』




2017年4月発売!!
★ご購入は、お近くの書店またはネット書店にご注文ください。
ネット書店はこちらから

監修:    谷口将紀 東京大学教授(NIRA総研理事)
編集・発行: 公益財団法人NIRA総合研究開発機構
発売:    株式会社時事通信社
定価:    900円+税

●海外の課題解決ヒント集
政府債務や少子高齢化などを背景に、負担増と給付減、雇用の流動化といった「負担の分かち合い」が、近い将来、日本の政治課題になることは避けられません。日本が課題先進国から課題「解決」先進国へ変わるためにどうすればよいのでしょうか。オランダ、ドイツ、デンマーク、カナダ、イギリスの先進各国での改革事例から、日本へのヒントを考察しています。

●目次
はじめに 課題「解決」先進国をめざせ
第1章  オランダ:ワークシェアリングと福祉・雇用改革
第2章  ドイツ:3つの構造的改革による社会保障改革
第3章  デンマーク:フレキシキュリティと呼ばれる労働市場改革
第4章  カナダ:歳出削減による財政再建
第5章  イギリス:歳出削減と増税による財政健全化
おわりに 課題「解決」型デモクラシーのガヴァナンス

●執筆者(50音順)
岩崎美紀子  筑波大学大学院人文社会科学研究科 教授
牛尾 治朗  NIRA総研会長
菅沼  隆  立教大学経済学部 教授
谷口 将紀  東京大学大学院法学政治学研究科 教授/NIRA総研理事(監修)
水島 治郎  千葉大学法政経学部 教授
平島 健司  東京大学社会科学研究所 教授
若松 邦弘  東京外国語大学大学院総合国際学研究院 教授

<関連頁>
NIRAオピニオンペーパーNo.22「課題「解決」先進国をめざせ-先進各国から日本が学ぶべきこと-
NIRAオピニオンペーパーNo.24「課題「解決」型デモクラシーのガバナンス―政労使協議という実験―

<関連研究>
民主政治と市場経済に関する研究(Ⅱ)

※本誌に関するご感想・ご意見をお寄せください。E-mail:info@nira.or.jp

このページのトップへ