利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > 研究報告書・出版物 > 学生のアイデアとパワーを活かした魅力ある地域づくり

研究報告書・出版物

学生のアイデアとパワーを活かした魅力ある地域づくり

NIRA委託研究報告書0707 2007/12発行
総合研究開発機構 発行

 本報告は、『地方の魅力づくりとその活用』ならびに『地域雇用拡大への新たな取り組み』をテーマに、 全国5機関のシンクタンクに委託して実施した事例調査のうちの一つ「学生のアイデアとパワーを活かした魅力ある地域づくり」 の研究成果である。
 まちづくりや地域おこしにおいて、学生(大学生、短大生、専門学校生等)と地元の商店街や商工業団体とが連携する取組みが、 全国で注目されている。学生の立案による商店街空き店舗の活用や、学生のアイデア提供による地域資源の発掘・特産品の開発など幅広い。 柔軟で斬新なアイデアをもつ学生の力を地域や商店街の活性化・再生に結びつけ、ひいては卒業後も地元に残って創業・ 起業に力を発揮して欲しいと願う地域の期待と、また学生の在籍する大学側においても、地域づくりなどの実学は魅力ある授業として人気が高く、 少子化の中で学生確保につなげたい意向とが背景にあると考えられる。
 本調査の目的は、少子高齢化が進展し、地域づくりの若い担い手が減少する中で、アイデア豊富で実行に向けたパワーのある学生の力を、 まちづくりや地域おこしに効果的に活かすための仕組みの構築、さらには、そのポイントを分析することである。
これにより、
 ①今までとは異なる、多様で斬新な視点からの地域おこしのアイデアの提供
 ②卒業後の地域の担い手の育成・確保
 ③市民と行政を中心としたまちづくりの気運の高まり
など、地域再生につながる具体的な提言を目指した。
 研究内容としては、まちづくりや地域おこしの動向・現状について、文献調査や専門家へのヒアリングにより、 取組みの事例や課題などを整理した。また、学生(大学生、短大生、専門学校生等)に対して、まちづくりや地域おこしへの関心、参加・ 協働意識等に関するアンケート調査を行った。
 学生の持つアイデアやパワーを活用して、地域おこしや商店街活性化等の魅力ある地域づくりに成果を出していくためには、地域と学生、大学、 商店街、行政といった関係者同士のパートナーシップが重要である。したがって、そうした関係や環境づくりのための要素、障害要因、 改善ための方策、さらには、関わりが短期的(在学中)になりがちな学生たちの活動を継続的に実施していくための条件等を抽出する。
 その上で、「学生が参加する地域づくり」に向けて、大学、行政、商店街など、多様な主体が取り組むべき環境づくりについて、 方向性を示唆するとともに、提言を行った。

はじめに

要約
第1章 地域づくりの担い手としての学生を取り巻く環境
第2章 学生の社会活動に関する現状分析
第3章 広がる学生を活用した取組み
第4章 学生の力を地域活性化に活かすためのポイント

研究実施機関:(財)静岡経済研究所
2007年12月25日発行、A4版・81ページ

このページのトップへ